Cashmere Cotton Knit Jacket

¥69,300

Double Face

ニットジャケットやカーディガンジャケットというのは多く存在しますが、ニットブランドとして活動しているMAYKAMのニットジャケットは1味違います。

それはデザイン的な部分よりも素材や編み方で、今まで感じたことのない着心地を体験できます。

知れば知るほど "さすがニットブランド" と思えるような生地、そして作り方になっています。

上記のスライドショーにある生地の表面と裏面を見てもらうと分かるのですが、表はやや毛羽立ちがあるコットンカシミアに。そして裏面はナイロンポリエステルのドライタッチで着心地を重視した表面になっているのです。

実はこれ、プレーティングと呼ばれる表と裏を別の糸で編んでいく方法で作られており1枚の生地なのに表と裏で全く肌触りの違う表面になっているのです。

つまり1枚の生地でジャケットのようにキュプラの裏地が付いたかの仕様+ニットの伸縮性も感じられるという革新的な革新的な生地を採用しています。

もちろん編みにも拘っておりフロントはわざと平面に見えるような編みでポケットや縁の始末がされており見え方が非常にミニマル。

唯一視覚的に認識できるデザインといえば上襟部分が鹿子編みに切り替わっている(編み変わっている?)ことでしょうか。

他はフロントが1つボタンで至極シンプル。

ニットブランドとしての「編みでの構成の仕方」と「編みだからこそ出来る着心地」というものが両立しつつ、デザインで主張はせずしっかり1枚のジャケットとして着れるように作られています。

この文章を書いていて前にYouTube内でも言ったことがあるのですが「MAYKAMはニット版のULTEIORっぽい」というのを思い出しました。

とても凝ったことをやっているのにそれをあえて隠すような、表立ってこないようにしているような気がして。

プロフェッショナルだなと感じます。

シルエットはリラックスシルエットということでゆったりしており、ボタンも1つボタンなので裾にかけて開くようなシルエットに。

見た目はジャケットですがニットとしての着心地を失うことなく袖を通せ、芯も使っていないので丸めて置けるような気軽さもあります。

結果手に取りやすいアイテムになることは間違いないでしょう。

173cmがサイズ3を着用

シャツはSatouのGrandad Shirt

パンツはAUBERGEのVolendam

Tシャツの上にカーディガンとして、そして画像のようにシャツの上から着るとしっかりジャケットのような表情になってくれます。

ジャケットすぎず、かと言ってカーディガン過ぎもしない佇まいなので主役にならずとも協調性があり他のアイテムと合わせやすいのではないでしょうか。

ちなみに私はこのシャツとパンツの合わせがとてもシブく最高に好きです。

もちろんインナーを着ていても着用しやすく、本当に裏地が付いているかのような滑らかさです。

そしてこの流れるようなVゾーンからの開くも綺麗ですね。

朝起きて、脊髄反射でこのジャケットを着て、どこにでも行けるような・・・

そんな作品です。

是非袖を通してみてください。

×