Grand Fleur Shorts(Papillon)

¥93,500

Painting Shorts

もはや絵画。

そのレベルの芸術的なオリジナルの柄が施されたショーツ。

当店ではインラインのGrand Fleur柄を変更しPapillon柄でオーダー。

そのためインラインの柄よりもダークトーンで落ち着いており全面に施された柄も嫌味なく使っていただけると思います。

そしてこれ程までにファッション性の高いショーツが今まであっただろうか、そう思ってしまうほどのアーティスティックな1本です。

仕様としては同ブランドのLectures Summer Pantsと同じ仕様になっており、ウエストはドローコード、フロントは持ち出しがなくホーンボタンが縦一列に並んでいる作りに。

もちろんボタンにはレザーの力ボタンがついており、デザイン的な仕様も縫製的な仕様もどこを見ても完璧な作りになっています。

この辺りからマナミスの服作りの情熱が垣間見えますし、こう言ったものを手にしたいと思いますよね。

Papillon柄はダークグリーンのような色に蝶や植物が咲き乱れる柄。

質感も綺麗なコットンというよりも使い古した素朴なコットンに見えます。

作り込みの激しいアルチブランドはあれど、このアンティークな世界観を表現できるのはマナミスだけなのではないでしょうか。

ショーツ1本見ただけで "素晴らしい" と思えるような、完成度の高い作品です。

You can try reversible

そして生地を載せ替えたことで嬉しい誤算だったのが裏地がインラインのGrand Fleur柄になっているということ。

ラッキーOFラッキー!!!

そのため直しでポケットつけて工夫すれば裏面でも穿けてしまいます。(ご希望の方はお申し付けください)

『1枚で2枚分お得』とはよく言ったものですが、ここまでお得なことあるんだ。そう思うくらい嬉しい誤算です。

表のダークトーンの空気と裏のフレッシュな空気。どちらも楽しんでください。

173cmがサイズ3を着用

トップスはISSUETHINGSのType53を着ています。(鬼オススメ)

総柄といえどアウターやフルレングスの総柄とは違い面積が少ないため、そこまで派手派手しくなく正直スーパー合わせやすいです。

私としては綺麗目なシャツやブルゾンと合わせてボリュームで緩急をつけるのが面白いかなと思います。

もちろんシンプルにスウェットやロンTでも間違いなくハマるのですが、このショーツのアートな部分を引き立たせるならば上記のようなアイテムが1番噛み合いそうです。

そして裏面での着用。

白&白の合わせが完璧すぎじゃないですか。

しかも表面のダークトーンでまとまった総柄とは違い、各々の花の形状や色彩が主張しているので空気がガラッと変わりますね。

それでいて変にパリピっぽくないというか、陽キャすぎないのはこのプリントのクオリティの高さではないでしょうか。

YouTube内でもnさんが「ショーツのカジュアルさが一切なくてめっちゃアート」と言っていたを感じられる側面ですね。

ショーツ界で1番アート、そしてファッションしている作品です。

是非。

×